サブリースの相場を知るために必要なこと

十分に注意をすることが必要

様々な実例を十分に確認することが重要 | サブリースとは | 十分に注意をすることが必要

裁判になった場合には経済的にこちらが不利になるため最終的にはその裁判の提訴を取り下げざるをえず、負けてしまう可能性が高いと言うのがその司法書士のコメントでした。
そのため不動産会社にその金額の明示を依頼したところ拒絶されたため、今回の契約では納得できないと言うことで解約をすることにしました。
はじめは相手の不動産会社は渋っていましたが、司法書士のアドバイスによると言う内容を伝えると、しぶしぶ解約に応じてもらえることになりました。
さらに後で調べたら、その金額も相場からかけ離れており、いずれにしても今回のサブリースの契約は、こちらに不利な条件が多く盛り込まれていたことになります。
サブリースの契約を行う際には、様々な金額を明確にしているかどうかを十分に確認することが必要です。
契約書の中に金額を記載するとこれに応じた収入印紙を貼付しなければならず、これを理由に金額の明記を拒む不動産会社も多いのですが、司法書士に確認したらこの場合には別紙等の利用により軽減する方法はいくらでもあると言うコメントでした。
そのため金額の記載を行わない理由が他にもあると考えられるため、十分に注意をすることが必要です。