サブリースの相場を知るために必要なこと

サブリースとは

様々な実例を十分に確認することが重要 | サブリースとは | 十分に注意をすることが必要

サブリースは自分で住宅を購入し、これを運用会社に預けて運用をしてもらうことで、一定の家賃収入を継続的に得ることができるのが魅力となっています。
そのため通常の賃貸住宅の経営のように、空室リスクを考慮することなく毎月一定額の収入を得ることができるのがポイントです。
万が一空室があっても契約のためにその収入は変わらずに不動産会社から支払ってもらえることになるので、安心して運用をすることができるというのが魅力となっているのです。
しかしその分不動産会社もリスクを負うことになるので、その点を契約書上でどのように記載しているかをチェックすることが必要となっています。
私の場合にはその契約書の内容が一定の金額となっており、具体的に万が一空室が多くなった場合の金額に関する記載は特段ありませんでした。
司法書士の話によると、この明確な記載がないのが契約上の大きな落とし穴となっており、この場合には双方の話し合いで決めると言うのが一般的なようです。
一般的に契約書の中では双方の話し合いの末真ん中に穴ができない場合には裁判所の判断に委ねられると言うのが通例ですが、この場合多くの不動産会社は優秀な弁護士などを準備しており、また不動産に関しては様々なルールがあるためこれをよく知らずに契約をしてしまうと勝ち目はないと言うのが一般的と言う話でした。
すなわち万が一契約書で記載されている家賃補償の金額を実際の不動産会社の収入が下回った場合、不動産会社が補償額の減額を申し入れてくれることが十分に考えられ、これに対して契約書に明確な金額の規定がないとこれに対抗することができず、結果的に減額を受け入れざるをえなくなることになると言うリスクがあるのです。

サブリース 相場サブリースの費用・料金|不動産賃貸管理会社